· 

時代を超えた永遠の名作

 

事務員マタヨシです。

先週のことですが、名作「ルパン三世」の原作者で漫画家のモンキーパンチ先生がお亡くなりになりましたね。
 
幼い時から現在まで、アニメ版「ルパン三世」に親しんできたマタヨシには初代ルパン役の声優・山田康雄さんが亡くなった時と同じくらいの喪失感、未だに深い悲しみの淵におります・・・・。
 
 
 

山田康雄さん。
 
間違えました、こちらが山田さん。
 
娘に昭和の名作映画「ルパン三世 カリオストロの城」(宮崎駿の映画初監督作品)をみせたいとシャチョー伊志嶺に話したばかりだったのに残念です。
 
 
そんな傷心の事務員ですが、最近のお仕事といえば近日発刊予定の医療系フリーペーパーの原稿書きが追い込みに入っております。

今日も今日とてシャチョー伊志嶺が録音してきたインタビュー音源からテキストを起こす作業。
ちなみに本日の取材先は心療内科医院さまで、心の病のケアの他に禁煙外来や育毛外来などの専門外来もなさっているクリニックです。
 
限られた小さな誌面なのでインタビューと言っても簡単なもので診療科目や治療方針を聞くだけなのですが、今回のシャチョーはひと味違っていましたよ!

「育毛外来」について鋭く斬り込み、食い下がる、食い下がる。もはやインタビューのことは忘れ、己の頭皮の健康相談の様相ですwww。

インタビューの〆は「私も近々お世話になるかもしれませんので、その節にはよろしくお願いします。」と結ばれていました。ま、そこは誌面には載らないんですけどね~。
 
 
 
ところで、マタヨシはお医者さんに
 
「お前はもう死んでいる。」
 

と言われるほどの酷い貧血を現在治療中。貧血が過ぎると毛根にも酸素が行き届かず抜け毛や薄毛になるんだそうです。
 
治療の甲斐あってすこぶる体調の良い今日この頃、今朝のこと。気づけば手の指に今まで生えてなかった大量の指毛がっ!
いやーーーー!!
 
 

速攻で抜きましたよ。